Rank33.com

中小企業診断士プロリンクKS独立開業に向けて

中小企業診断士で近い将来独立開業準備中の企業内診断士です。現在奮闘中。

HPを移行します。現在工事中。新しいHPはhttp://www.keieigiken.comです。 専用メルアドは、prolinks-ks@keieigiken.comとなります。よろしくお願い致します。

キャズム理論


キャズム理論






















引用:https://www.onemarketing.jp/lab/btob-marketing/innovation-theory_195

イノベーターという言葉をお聞きになられたことがあると思います。
診断士の勉強で耳タコ状態の理論です。(^▽^)
これとダーウインの谷と言う言葉や、ブルーオーシャンなども最近は一般化しています。

例えば、士業が資格を取って新規開業をする際に、越えなければならない深い谷があると言うことです。

ここを越えられなければ、淘汰されると言うことです。

士業資格を取りました。早速立派な事務所を借りて一日中待っていてもお客様は来ません。
そういう士業が多いです。
簡単に言うと、営業力。プロモーション力でしょうか。

私のこのブログのタイトルも実は、ダーウインの谷を如何に越えるかの葛藤顛末と言うことです。

スタート前に、どうやって谷を越えるのかを予め幾案も検討しておかないとダメでしょうね。

最近、SEO(もう古いですかね)を聞きます。
これで大損する新規開業が後を絶たない。つまり、ダーウインの谷底には死屍累々となっていると言うことです。

一番やってはいけないことは、他人任せのSEOです。
例えば、よく聞くのは、ホームページを作りましょう。これの掲載費は毎月〇〇円です。
これに読者がクリックすると課金されます。
と、言うもの。

これ全くとは言いませんが、ムダ。

昨年の京都の診断協会だったですかね、これの専門家の診断士の講義がありました。
大変参考になりました。終わってから名刺も頂戴しました。

結論は、上図のキャズム前に営業力を測って、谷を越えるため=アーリーマジョリティの層に向けて打つって事です。
良くやらかすのはイノベーターに打ったりすることです。

彼らはそんなプロモーションには影響されません。
アーリーアダプター層はその様子を見ています。つまり、いわゆる人柱的な層の評価を見てから、市場としてはチョット冒険してみようかという層です。
ここにしっかりアピールするのですが、SEOは効果無いです。
彼らはイノベーターのオピニオンに誘導されますから。

で、その診断士の仰るタイミングは、アーリーアダプター層に浸透したなと手応えを感じたら、アーリーマジョリティの層をターゲットとしたSEOを打ちなさいと。。

ここで先のHP会社を使っても良いですし、他の方法も試すべきでしょう。
この段階では、自社の実力、売れ筋、死に筋が分かってきますから、ターゲットに対する効果的なSEOが打てる可能性が高い。

最近、私の本業のコンサルや、新規の美容業へのアプローチをしてくるSEO対策会社が結構お見えなります。今日もありました。

あの~。コンサル会社にコンサルする?と思いつつ応対していますが。(^▽^)

コンサル業は、概ね10年間でレイトマジョリティに近いところまで来たと思っています。
これ以上は、士業を雇い入れて拡大する方向となりますが、これは現状の戦略にはありません。
技術士の実弟は昨年亡くなりましたし。

美容業は、新しいビジネスモデルで開店しました。アーリーアダプター層に浸透中です。
まだ、SEOを打つ時期では無いと考えいます。

いま、スタイリスト2名で、稼働率60-80%(100%の日もあります)ので、もう1名雇い入れないと打ってもアーリーマジョリティ層に浸透させるパワーがありません。
新しいビジネスモデルの手応えを確認中です。

概ね当たっていると実感し始めております。
これは後日、ご報告いたします。

では。





美容室グランドオープンしました

4月30日予定通り一般のお客様の受け入れを開始。
と、言っても国内は元より世界中が新型コロナウイルス感染防止対策の真っ最中。
美容室は濃厚接触を誘発させる可能性が高い店舗です。

開店を悩みましたが、先回も触れましたが、美容室は冬期のインフルエンザウイルスにも非常に対策が立てにくいことは新型コロナウイルスの感染対策を待つまでも無い事実です。

小規模店舗でインフルエンザウイルスのクラスター感染を引き起こした場合に経営リスクは自明なこと。
ここを全く無防備で経営計画を策定しては工程管理に長年携わってきたものとしては経営リスクとしてISO的に言うなら、重大な環境側面に該当すると言うことです。

そこで、可能な限り店舗設計段階でエアコンから基礎的な設計を行って、建築メーカーの設計士と詰めました。幸い、建築士の奥様は美容室を経営されています。
真剣にご対応いただけました。
もっとも、建築費が高騰してしまったのはやむなしと言うところですが。

ここは、品質コスト=品質管理の失敗コストの総和+失敗予防コストの総和と言うことになります。

IMG_4569まず、全面1階は店舗です。
この建物の基本構造は、3階屋根裏を前面断熱材を吹き付けてあり、そこにD社製の5馬力と3馬力のエアコン熱交換器が設置されています。5馬力が1階用です。
3階壁面にフレッシュエア吸込み口を設けました。
1階用熱交換器は1階天井の一番室内空気が汚染されるシャンプー機が設置されている天井から3階の熱交換器まで吸引します。
ここで室外機から送られた冷媒と熱交換されて、3階のフレッシュエアー吸い込み口からのエアーとミックスされて1階の天井4カ所、1階の基礎部(基礎部は一般的な換気口はなく密閉構造で、断熱材を吹き付けて有ります)に開放されます。1階の床各所にエアダクトが設けてあり、ここからエアーがでます。
上図のようなイメージ図になります。
入り口ロッカーの上に換気口を設置。1階は基本的には正圧が掛かります。ロッカー上の排気口、トイレの換気扇は常時運転、キッズルーム、準備室の換気扇、スタッフルームの換気扇から排出されます。
さらに、2階は3馬力の熱交換器は、かなりユニークな設計です。
3階壁面にフレッシュエア吸込み口は同じですが、同時に排出口も設置。
これにP社の熱交換機がまず入ります。
この熱交換器は天井裏のエアーを吸引します。この吸引されるエアーは2階の居室からはいります。
つまり2階は、全てフレッシュエアーで供給されます。
1階用のエアーは2階にもダクト3本中1本が分岐供給されます。
結構面倒な設計をしてしまいましたが、極力フレッシュエアーを取り入れつつ、天井埋め込みエアコンにありがちな、局所的な寒暖差や風圧が不快なため、ほぼワンオフ的に設計していただきました。

HPサイズ縮小店舗のHPの表紙はこのように改訂しました。
こういう加工は、MACですと標準添付ソフトでほぼ可能です。
あとはセンスですが、こればかりはどうしようもありません。
でも、プロにお願いしてもさんざん打ち合わせてイメージに合わないと言うこともあります。
自作は、その点は全て事故責任です(^▽^)。



セット面1豪華な胡蝶蘭を頂きましたので店内に展示しました。
たくさんのお花を頂戴いたしました。
この場をお借りして御礼申し上げます。










11-1 - 1 (7)






















11-1 - 12 (2)こんな看板も店舗駐車場と裏の道路からよく見える位置に配置。
夜間はライトも付きます。














建物の夜景これは夜景。
カナダのプリンスエドワード島では、地元の住宅は概ねこのくらいの規模から倍くらいの規模で建てられています。
そして、ライトはこのような暖かい色が多いです。








IMG_4466これは、プライバシーと同時に飛沫感染防止にとロールカーテンを設置してあります。
座席間を広く取る必要あり、必然的に店舗面積が大きくなりましたがやむなしです。




























11-1 - 1 (10)
これは、現地で収集してきたグッズと家内が若い頃から集めてきた絶版ものも。
最近、突然の訪問客がお見えにありました。
聞けば赤毛のアンの大ファンで、通りがかりに店舗の外観をみて、もしやと入って見えました。
ものすごく感激されて、モニターには現地で撮影した風景などをスクリーンセーバーでお見せしているのですが、現地の日本人のプライベートガイドをお願いした女性は結構コネクションがあって、既に季節が終わった記念館も特別に開けていただいたりして貴重な映像を撮ってきました。

キッズルームその方の楽しそうなお顔を拝見して当方もと言うより家内の方がうれしそうでした。
これは保育施設です。
家内の苦節2年間の受験勉強で取った保育士資格。
その後追加したチャイルドマインダー資格。
ノウハウぎっしりらしいです。

ここも徹底して抗菌・抗ウイルス対策を行ってあります。



建物の夜景4最後はエントランス。
最近ツバメが巣作りを始めました。
ツバメにも気に入っていただいて良かったです。
木の家はやはりそれなりに環境に優しいと言うことでしょうか。









お陰様で、4月30日のグランドオープン以来、たくさんのご来店を頂いておりますが、コロナ対策で受け入れ人数制限を行っていますので、目標売り上げ額には全く届きません。
仕方ないですね。安全第一です。
面倒な給与計算システムや、POSシステムなど、立ち上げのシステム作りはほぼ完了しました。
後は代表社員で美容部門責任者の娘に任せて、私は本業の生産管理に邁進する事に致します。

美容室の運営は自分が総責任者ですので、勉強になります。

保育士付の美容室と言う地域密着型のコンセプトは、結構お役に立っているようです。
子供の子育て相談もしています。 
働くお母さんのお役に立つよう充実させて行きたいと思います。

ではまた。

美容室開業しました

祝い!開業です。
お陰様にて4月1日エイプリルフールの大安にプレオープンしました。

何故、プレオープンにしたのかの理由は、先回書きました、キャッシュレス決済の申請がややこしく、POSシステムとの連動にかなりの工数を費やすことが判明(ほぼ、想定内でしたが)したためと、
新型コロナウイルス対応で、お客様をかなり絞ってお願いすることになりそうなので、1月段階では政府と同じく、かなり甘い見通しで1ヶ月延ばそうと言うことにしました。

娘のファンの方が1月末からお待ちなので、4月開業でも厳しいと言うご意見もありました。

そこで折衷案が、そういう元からのお客様を優先して来店いただく期間を1ヶ月間設けるという方法でした。

予約は、POSがようやくまともに動き始めた3月18日から開始。
この時点では、キャッシュレス決済は、POSと連携した決済会社としかできません。
ここでは、クレジットカードのみの決済となります。
その代わり、巷の決済手数料よりかなりお値打ちな価格提供でした。

タッチレス決済サービスはAIRペイか楽天ペイから選ぼうとしました。 
楽天法人口座を開設すれば、楽天ペイはかなり使い勝手が良いサービスです。
何しろ、地元で圧倒的なイオンカードWAONが使えます。

ところが、楽天法人銀行の口座開設が思うように進みませんでした。
ここは大誤算。 ようやく開設は4月上旬。これでは楽天ペイのキャンペーンに間に合いません。
仕方なくと言っては失礼ですが、AIRペイを申し込み。これはあれよあれよという間に開設できました。
しかも、IPADが無料で付いてくる。これはお得感有りました。

紆余曲折がありましたが、自分で処置(セッティングはIT担当の息子ですが)してみて、この複雑なキャッシュレス還元システムは、小規模小売店に対してどこまで販促ツールになったのだろうと思いました。

未だに現金決済店舗の多い理由は、こういった、日本独特のITに題するハードルの高さが原因なのでしょう。

で、使い勝手ですが、お客様の半数がなんと現金支払いを希望。
当方としては、決済手数料が不要な分、利益が出るので歓迎したいところですが、なんとも、複雑な心境です。

確かに、月に何回かカード決済での売り上げ明細を頂くのですが、手数料が馬鹿にはなりません。
しかし、私自身、カード決済のできない店舗で買い物をすることは避けるようになりました。

カード支払いの功罪は種々語られており、割愛しますが、家計管理はかなり簡単になりますし、明細をPCで閲覧して、IPADで用途を手書き入力で書き込みすると、ムダ使いもよく分かります。

小銭が貯まらなくなって、初詣のお賽銭が派手な音を立てるように、一年間貯めた小銭をぶちまけるという楽しみが無くなってしまいましたが、これはご愛敬ですね(*´∀`*)

コロナ対策には、元々冬期のインフルエンザなどの対策を極力した店舗設計にしました。

しかし、新規のお客様の客足が伸び悩んでいます。

しばらくはボチボチとやるしかないのでしょうね。

ではまた。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ご連絡先
prolinks-ks@keieigiken.com
プロフィール

prorimks

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ