最近公私に忙しくブログのメンテもしていませんでした。
太陽光発電結果を報告します。1月に連携開始し4月中旬までの結果は平均発電量は25kw/日。 買電は36.4kw/日でした。
3月の買電額は15142円 売電額は19908円。 4月は同
10848円 同26250円でした。
これに以前は灯油ボイラーが毎月10000円掛かっていましたが、これは0円になっています。
しかももし現在も灯油ボイラーを使用していたとしたら、当時70円/Lが現在は91円/Lですから12800円にはなっているでしょうね。また、エコキュートにしたお陰で、お湯がすぐ出てくるため水道代が平均6000円安くなりました。以上から、太陽光発電システム全体での収支は、4月で見るとローン代24000円を払っても10202円の黒字です。灯油ボイラーからエコキュートへの取り替え費用は入れていません。12年経ってボイラー寿命の取り替えと考えています。
しかも最近朗報が。買い取り価格が10年から20年に検討中とのこと。10年後にローンが終わりますので、その時点で変換器500,000円を交換しても非常にお得です。
あとはパネルの寿命ですが、最近のニュースでパネルの劣化が問題になっていました。一応、20年保証なんですが、これはやってみないと分かりません。

欧州では、太陽光発電がやや衰退傾向とか。売電価格の財政事情から引き下げなどで普及に陰りが出てきているそうです。
私の場合も売電価格が42円/KWだから成立しています。途中で変更されると困りますね。

この数ヶ月での私の場合の結論は太陽光発電は採算が取れます。逆に家計の一助にもなっています。

副効果としては、南面屋根の上に断熱材が乗ったようなものなので夏が涼しくなるそうです。
日中の冷房費用の低減効果も期待できますし、屋根材の耐久性も向上すると期待できそうです。