天災は忘れた頃にやってくる。とはよく言ったものです。

滅多に発生しない地域で大地震が発生し、多数の犠牲者が発生しております。

被災された、亡くなられた人とその後関係者におかれましては、お見舞いとお悔やみを申し上げます。

何もできないのです。 本来なら、60歳を超えておりますので、このような仕事をしていなければ

駆けつけて行きたいと思います。

せめて、募金箱を見たら些少成りとも入れるとか、最近カードで買い物することが多いので

結構ポイントがたまります。

それらは、ユニセフとか普段はそういったところに寄付をしておりますが、今回は一番たまっていた

カードのポイントを全て寄付に回させていただきました。 

ほんの些少ですが、続けて行きたいと思います。

プロリンクスブログ16.5.6.1このようにネットから簡単にワンクリックでできます。
 
200ポイントで1000円とのことでしたから6000円になるそうです。



ついでにいつものところに寄付をしました。
プロリンクスブログ16.5.6.2
最近は国境なき医師団が多いです。

ユニセフやワクチン委員会と言うのも

選べますので、順番にしています。

個人の買い物はエポスカードを使います。

法人用には住友カードを使っています。

顧問税理士からは、個人用ときちんと区別してくださいと再三言われています。
(´∀`)

法人カードも持たないといけないんですけど、年会費が高いからね。 個人で入っていたカードを使い分けています。

理由は、まとめた方がポイントがたまりやすいからね。

それで、せっせとポイントを募金に回しています。

募金するときに、現金を入れるとき、本当に使われる?って不謹慎な疑問がわきませんか?

カード会社なら安心って訳ではありませんが、履歴は残るので変なことはできないはずって思います。

確実に届けるなら、カードなどで寄付が良いと思います。

ポイントだけでは無くて、カード払いの寄付制度もあります。

カード会社の取り扱いならと思うので次はそうします。

それと、銀行口座で利子とかを寄付にする制度もあります。これも口座全て登録済みです。

たいした利子つかないけどね。

残念ながら、この程度しかできないのはお恥ずかしい。

話は変わりますが、知恵袋を時々見ています。 自動車関連とか繊維関連の技術者ですので、結構お役に立つときがあります。

震災が発生してすぐに、車で避難している人からスマホで、エコミー症候群にならない方法は?って質問が入りました。

ちょうど見たところだったので、キャンプで車中泊は結構していたので、経験上の対策を申し上げました。

報道によると、車中泊で亡くなられた人も発生しています。

私の住んでいる地方も、東海、東南海、南海地震の震源域ですので、そのうち、発生して私もしくは子供達が

被災するはずです。

人ごとではありません。 自助努力も必要ですし、助け合いも必要です。

我が家でもライフラインの確保はしています。 キャンプ道具も捨てずに取っています。

4泊くらいのキャンプを子供達が小さいときから10年くらい年2回ほどしてきました。

1ヶ月くらいはサバイバル生活はできそうですが、できれば避けたいところです。

そういう家族会議を何回かしてきました。避難先を決めて連絡の取り合う方法を定期的に確認しています。

耐震構造の家にしていますが、完全とは言えませんので、避難生活を想定しておくことは必要ですね。

では。