Rank33.com

中小企業診断士プロリンクKS独立開業に向けて

中小企業診断士で近い将来独立開業準備中の企業内診断士です。現在奮闘中。

2019年12月

HPを移行します。現在工事中。新しいHPはhttp://www.keieigiken.comです。 専用メルアドは、prolinks-ks@keieigiken.comとなります。よろしくお願い致します。

生産管理学会の理事に推薦されました

年末まで休まず営業は、一般的になってきました。サービス業は大変です。
娘は大手デパートの中にある大手美容室チェーン店で勤めています。
そのため、デパートの休業日(年1回)以外は、お店は開けなければ成りません。

娘が就職してから早7年目ですが、元旦を休めたのは数回。元旦か二日目かいずれかは出勤日となります。

大晦日は結構遅いですし、今朝は早番で7時には出勤していきました。帰宅は22時のいつもと同じです。

残業はついていません。それが小売り一般業の典型なのでしょう。

これでは美容師の退社が多いのも当たり前ですが、知り合いで、福利厚生の充実を図って経営が傾いたそうです。
具体的な方法は聞いておりませんが、これから美容室を経営するものとしては悩ましい問題です。語弊があるかも知れませんが。

12月度の生産管理学会支部総会で、次年度の理事に推薦されました。
本部が了承してからになります。

当方、プロコンと言っても、ほぼ常駐でセキデンの取締役本社工場長を務めていますので、どちらが本業かと言われると、怪しいものです。

本ブログのタイトルは、「独立開業に向けて」とあります。 法人化は果たしましたし、形式上、セキデンとは依託契約を締結し、私は自社から派遣されている派遣社員で、派遣先の取締役です(^▽^)

学会は、大学の先生方が多く占めますし、プロコンは専業者が殆どです。

その中で、私のような者は希でしょうし、勤まるか心許ない感じですが、引き受けてしまいました。

なんとかなるというのが信念です(いい加減な性格かも)。
何事も経験ですし。

ここで、あまり色々な事に手を出していると申し上げると、お約束している出版社からの依頼の執筆が進んでいないのでは無いかと編集長が見られてご心配をお掛けするかも知れません。
正月も休まず営業しますのでご安心願います。Y編集長様。

明日はいよいよ正月元旦。一年の計は元旦にあり。
毎年のように、いつものように起きて、一年間の計画を大書して書斎に掲げます。

今年の元旦に掲げた中で唯一、技術士の実弟を独立開業させる事だけが出来ませんでした。
2月1日が彼の命日。 

健康診断で要精検となって、精密検査を受けた先の誤診で手遅れになってしまいました。

自分だけは絶対にはありません。健康管理は工程管理と考え方は全く同じです。

快適で文化的な生活を送るために人生管理(生産管理)が必要で、そのために品質管理、設備管理が手段として必要です。
4Mが正しく管理されているかどうかは、1M(measurement)で計測し、規定内にあることを確認し、傾向分析していくことが必要です。

人(全ての生物)は、生を受けた瞬間から死に向かって時間を経過する宿命ですが、管理を怠れば、質が低下します。

年末最後のブログは湿っぽい話になってしまいました。(_ _)

でも、彼と約束をしたのです。 一緒にプロコンしようと。彼はISOの監査員になりたがっていました。セキデンの仕事が一段落したら、彼の夢を私が行おうかと思っています。
現在、日本の外部審査期間でISO9001 14001 IATF16949を見られる審査員は少ないと思います。
特にIATF16949は実務経験(自動車関連の品質保証担当を5年間)があると聞いています。
セキデンも、統合審査を狙いましたが、引き受ける日本の審査機関が見つからず断念中。
彼とはこれをしたいねと言っていました。
もう少し後になるかも知れませんし、美容業故に、社労士の勉強もしておきたいと思っています。
まずは社労士資格を取ろうかと。
一時期狙っていたのですが、忙しくてあきらめました。
テキストなどを読むと、診断士とかぶるところが多く、実務系経験上理解出来るところが多いので、難易度は、診断士の勉強よりは低そうです(また安易に手を出す癖かも)。
結構、社労士診断士が多いのもそのためだと思います。
色々有った一年です。
末筆ですが皆様のお陰様にてここまで来られたと思います。感謝いたします。

では、どちら様もよいお年をお迎え願います。
今年一年ありがとうございました。

美容室の建設も佳境に入ってきました

お久しぶりです。
美容室は、「赤毛のアンの家」をモチーフにすることに決定し、カナダの「赤毛のアンの家」の認定登録が可能な建設会社に設計建設をお願いしました。
経営計画を地元の信金さんに通しいただき、プロパー融資を頂きました。

弊社の税理士にお見せしたところ、白書並みの経営計画だとあきれられました。商売上どうしてもそうなってしまいます。

構想通り、家内が保育士ですので、専用保育ルーム、カット面5脚、最新鋭の全自動洗髪器(これが200万円もします)を装備。これは、セキデンでもお世話になっておりますリコーリースさんにお願いしました。

10月中旬には、家内とプリンスエドワード島に飛び、現地で活躍されている真紀子様にプライベートツアーを組んでいただき、3日間の弾丸ツアーを敢行。
真紀子様のコネクションで、シーズンオフの記念館を特別に開けていただいたり、日本の観光ツアーでは寄らない作者モンゴメリーの生家を訪問したり、お孫さんとツーショットさせていただいたり、大変興味深いツアーとなりました。

現地でしか調達できない調度品などを入手して、現地の風景や、記念品をたくさん持ち帰りました。
これらを参考に、美容室の細部を詰めて「赤毛のアンの家」にふさわしい店舗にしたいと思います。

店舗の建設となると色々と調整や契約が必要となります。
主なものとして
1.建設初期には保健所に図面を提出して、換気扇や照明など変更出来る間に確認を取る。
  正式な申請は、開業の2週間前までとなりますが、その段階で現地確認でNGは大変ですから。

2.ネット回線業者を決定します。 特に、「赤毛のアンの家」の家に無粋な電力線や信号線を直付け出来ません。 駐車場の途中で引き込みよう電柱を用意して、そこから地中埋設で店舗に引き込みます。そのため、仕様を予め決定することと、工事日の予約を早めに取ります。

3.セキュリティ対策は必要です。早い段階で、警備会社を決定し、上棟後現地確認を行い、ワイヤリングが室内を這うことの内容に埋設作業を依頼します。

4.上棟後直ちに、照明など動線を最小限にする為に、配置を現物で検討します。

5.POSとキャッシュレス決済は必須です。業者選定を行い、デモをお願いして、操作性を確認します。キャッシュレス決済は、美容室の場合、保健所の認可が下りないと契約できません。
  開業から逆算(バックワード方式と言います)で、保健所への開業申請を決定する事になります。
  従って、上記1項は絶対に落とせない案件となります。

6.スタッフの募集を本格的に開始。
 セキデンでお世話になっている「リクルートキャリア」に登録しておきます。ここは結構時間が掛かりますので、10月頃から申請しています。
及び、年末ぎりぎりで再度ハローワークに募集を掛けます。2020年1月からシステムが変更となります。
 登録(結構面倒です)をすればネットから求人申請が出来るようになります。 取りあえず、旧システムで再度条件を見直して登録しました。
ここまで主要な必須項目を挙げましたが、詳細となると結構膨大な作業です。

当方、診断士の資格試験中で、地元の美容室の診断に入った(当然これを見越してのチョイス)ので
何故、客足が延びないのか分析した経験を行かせます。
店舗内動線管理は、同じく、回転寿司で診断に入った経験が役に立ちました。

現職や前職で、経験した労務管理や監督署への提出書類。
および就業規則や手順書はこれは本業です。

なんとか、当社の役員(主に家内と息子ですが)を使って、分担して行っていますが、美容師が独立開業となると結構大変だろうなと想像します。

地元の商工会議所が定期的に「創業支援」セミナーや「創業塾」を開催しますので、これにも参加していましたが、とてもとても、これだけでは全く知識不足だと分かりました。

こういうワンストップの美容室創業コンサルが必要なのでしょうね。
当社がうまく立ち上がって計画通りに利益を上げることが出来たら、お困りの美容師を応援しようかと思っておりますが、まずは自分の事業に全力です。
HP用11



















最後に、カナダでの旅行のピックアップです。ビデオもたくさん撮ってきました。
詳細は店舗に映像で流したり、写真を掲載します。

では。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ご連絡先
prolinks-ks@keieigiken.com
プロフィール

prorimks

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ