4月1日プレオープン。4月30日グランドオープンとなります。
保健所の検査に合格して、速攻で許可証を発行して頂きました。
前後して、POSシステムと連携したキャッシュレス決済会社からのシステムが到着し始めます。
その内の1社は、某大手ネット銀行を決済銀行に指定すると便利なので1月に法人口座を申し込んだのですが、未だに口座開設が出来ていません。
申込時に法人履歴全部証明を添付して申し込んだのですが、どうもそれを紛失したらしく、再三問い合わせても届いていないの一点張り。
しかも問い合わせは0570のナビダイアルしかなく、オペレーターがでるまでかなり待たされます。
やむなく、メールで質問しましたが、返答がないので数回打ってようやく連絡を頂きましたが、電話に出るのが少しでも遅れると、ナビダイヤルにして欲しいとの伝言。。
ネットで審査状況が確認出来るのですが、何故審査前なのかが全く不明。
ようやく担当とメールでのやりとりが出来て原因が判明。ここまで一ヶ月以上掛かっています。
これではキャッシュレス決済の申し込みに間に合いませんので、この系列の決済会社はあきらめて
AIRペイにしました。同等のサービスと迅速な対応で半月ほどで全て完了。
ただし、当方の地元でよく使われるWAON決済が出来ません。そのため冒頭の上から目線の大手ネット銀行の口座開設作業を続けながら、一旦地元銀行でこの系列のキャッシュレス決済システムも申し込みました。

それにしても、今回、顧客目線の大切さを痛感。
以前から、ナビダイヤルでしか顧客の問い合わせを受け付けない企業に対して顧客対応をどう考えているのかなと思っていましたが、ほぼ顧客対応度と相関関係がありそうですね。

および、地元銀行さんとのお付き合いも増えていますが、これも、メールでのやりとりは一切出来ず、全て電話か訪問でのやりとり。
今時にと思います。

後で行った言わないが技術者としては、仮説の検証はエビデンスが必要とたたき込まれているので、大変気持ちが悪いし非効率です。

メールやチャットやTV電話打ち合わせが何故採用されないのでしょうか。
建物全景です。
美容室外観小

















カットルームです。
IMG_4458




















個室感を演出。
IMG_4466



































シャンプールームは、最新型の全自動タイプを導入しました。
シャンプールーム画面小


















保育室です。
床は本物のカナダの木材を使用しています。
IMG_4470




















ウエイティングルームです。
開店が楽しみです。
IMG_4455





















いま、世界中で新型コロナウイルスで大変なことになっています。
私が役員を務めている企業でも、中国工場が操業出来ない時期が長引き、国内生産に切り替えて、今大忙しです。
今後、この事件が収束してから、中国生産拠点をどうするのかが、問われるでしょう。

のど元過ぎれば忘れ去る日本人気質ではありますが、SARSでも当時大変でした。
さすがに今回は、撤収企業が増加すると思われますし、対応をしない企業への市場評価が厳しくなるだろうとは容易に想像できます。

とはいえ、拠点移転はなかなかの大仕事ですし、中国からの撤収は結構厳しい現実があります。
チャイナリスクと言われた久しく、チャイナプラスワンが流行った時期がありましたが、それ以降進出した自動車会社も大きな痛手を負っています。

どうなっていくのでしょうか。
日本経済もこれから閉塞に向かうでしょうし。

企業経営の舵取りが難しくなるこれからの新年度でしょうね。

ではまた。