Rank33.com

中小企業診断士プロリンクKS独立開業に向けて

中小企業診断士で近い将来独立開業準備中の企業内診断士です。現在奮闘中。

美容室

HPを移行します。現在工事中。新しいHPはhttp://www.keieigiken.comです。 専用メルアドは、prolinks-ks@keieigiken.comとなります。よろしくお願い致します。

小規模持続化補助金採択されました

昨日、本店住所にうれしい通知が来ました。
コロナ特別対応型 小規模持続化補助金の採択通知です。
2020年12月締め切りの第5回目が最終公募で、先回落選しているため、かなり力をいれて提案しました。

正直申しまして、中小企業診断士はその道のプロですし、委託契約で取締役本社工場長を努めている自動車部品メーカーで2案件をものつくり補助金申請補助を獲得しているのですが、それとこれとは別です(変な言い方ですが9。

今回の制度設計に、大きな欠陥がありました。
既存の事業に対してコロナ渦での売上激減支援として、対応策に補助金が出ますが、新規開業や事業転換を積極的に実施している企業には冷たい対応です。
例えば、弊社です。
2020年3月に新規事業としてコンサルタント事業に併行して美容室事業を開始しました。 これは、起業時の定款に記載してある、中期経営計画上既定路線ですが、これの売上は4月以降コロナ渦で経営計画通りに伸びない苦しい展開でした。

自動車部品メーカーでの中国現地情報で2019年の12月には情報が不確定ながら入ってきていました。 この段階で、国内はまだ楽観的でしたが、弊社はコンサル業です。 
リスク管理の行動を自動車部品メーカーの経営層としても、弊社の経営者としても行動を起こしました。
自動車部品メーカーは今回は割愛しますが、弊社として以下を実施。
1.セミナー講師は中止か公共交通機関を使わない方法での引き受けに限定するため、早めに教育機関に連絡しました。
その結果1件は中止。 もう1件はマイカーでの現地乗り入れを認めてもらいました。
2.美容業は、内装工事に着手中です。ここに、極力対策を行いました。
・カット椅子間にロールカーテンを設置。
・局所排気増設(美容室の法的要件の数倍)。
・POS systemをコストが上昇しましたが、美容室専用で予約が専用ネットから入れるタイプに決定。
・キャッシュレス決済は当店規模としては異例でしょうが、全取り扱いを行いました。←この手続きが3ヶ月ほど掛かりました。
・空気清浄やタッチレス消毒器とにかく、手に触れる機会をほぼ無くす設備へ切り替えました。
・提供飲料は、ちょっとコストが掛かりますが、ペットボトルでお出ししました。紙コップは、接触感染対策上避けたいですね。
・空調は、元々フレッシュエアー混合タイプの特注でしたが、これの強化。
3.公的な支援手続きは、これは本業ですので、高度訓練や学校休校による助成金など申請手続き。←これも結構大変でした。
専門業者(税理士や社労士)に依頼するとそれなりにコストが掛かりますが、弊社は全て私の担当。

その中で、一段のコロナ感染の蔓延。 アンケート回答などを拝見すると、やっぱり不安がつのるようです。
そこで、さらにコロナ渦対策として、当該補助金を申請したのですが、競争率が高いのか落選。ちょっとショックでした。
何しろ当方専門家の端くれ。
最終回の第5回目に10日間ほど掛けてじっくり作戦を練って、Jグランツ補助金申請電子システム(gBizIDプライムID)で申請しました。 コツはなるべく早めに登録することです。 ギリギリの応募は得策ではありません。

採択は2月末でしたが、結局4月中旬となってしまいました。
色々段取りが狂ってしまいました。何しろ、採択を受けて資金申請を通過させないと発注や契約ができません。(原則)
ただ、今回は、遡りができますが、補助金が有るのと無いのとでは予算のかけ方も異なります。

お客様に安心して(当然従業員も安心できますね)来店頂けるよう計画に実施を急ぎます。


採択

美容室開業しました

祝い!開業です。
お陰様にて4月1日エイプリルフールの大安にプレオープンしました。

何故、プレオープンにしたのかの理由は、先回書きました、キャッシュレス決済の申請がややこしく、POSシステムとの連動にかなりの工数を費やすことが判明(ほぼ、想定内でしたが)したためと、
新型コロナウイルス対応で、お客様をかなり絞ってお願いすることになりそうなので、1月段階では政府と同じく、かなり甘い見通しで1ヶ月延ばそうと言うことにしました。

娘のファンの方が1月末からお待ちなので、4月開業でも厳しいと言うご意見もありました。

そこで折衷案が、そういう元からのお客様を優先して来店いただく期間を1ヶ月間設けるという方法でした。

予約は、POSがようやくまともに動き始めた3月18日から開始。
この時点では、キャッシュレス決済は、POSと連携した決済会社としかできません。
ここでは、クレジットカードのみの決済となります。
その代わり、巷の決済手数料よりかなりお値打ちな価格提供でした。

タッチレス決済サービスはAIRペイか楽天ペイから選ぼうとしました。 
楽天法人口座を開設すれば、楽天ペイはかなり使い勝手が良いサービスです。
何しろ、地元で圧倒的なイオンカードWAONが使えます。

ところが、楽天法人銀行の口座開設が思うように進みませんでした。
ここは大誤算。 ようやく開設は4月上旬。これでは楽天ペイのキャンペーンに間に合いません。
仕方なくと言っては失礼ですが、AIRペイを申し込み。これはあれよあれよという間に開設できました。
しかも、IPADが無料で付いてくる。これはお得感有りました。

紆余曲折がありましたが、自分で処置(セッティングはIT担当の息子ですが)してみて、この複雑なキャッシュレス還元システムは、小規模小売店に対してどこまで販促ツールになったのだろうと思いました。

未だに現金決済店舗の多い理由は、こういった、日本独特のITに題するハードルの高さが原因なのでしょう。

で、使い勝手ですが、お客様の半数がなんと現金支払いを希望。
当方としては、決済手数料が不要な分、利益が出るので歓迎したいところですが、なんとも、複雑な心境です。

確かに、月に何回かカード決済での売り上げ明細を頂くのですが、手数料が馬鹿にはなりません。
しかし、私自身、カード決済のできない店舗で買い物をすることは避けるようになりました。

カード支払いの功罪は種々語られており、割愛しますが、家計管理はかなり簡単になりますし、明細をPCで閲覧して、IPADで用途を手書き入力で書き込みすると、ムダ使いもよく分かります。

小銭が貯まらなくなって、初詣のお賽銭が派手な音を立てるように、一年間貯めた小銭をぶちまけるという楽しみが無くなってしまいましたが、これはご愛敬ですね(*´∀`*)

コロナ対策には、元々冬期のインフルエンザなどの対策を極力した店舗設計にしました。

しかし、新規のお客様の客足が伸び悩んでいます。

しばらくはボチボチとやるしかないのでしょうね。

ではまた。

美容室開業間近です

4月1日プレオープン。4月30日グランドオープンとなります。
保健所の検査に合格して、速攻で許可証を発行して頂きました。
前後して、POSシステムと連携したキャッシュレス決済会社からのシステムが到着し始めます。
その内の1社は、某大手ネット銀行を決済銀行に指定すると便利なので1月に法人口座を申し込んだのですが、未だに口座開設が出来ていません。
申込時に法人履歴全部証明を添付して申し込んだのですが、どうもそれを紛失したらしく、再三問い合わせても届いていないの一点張り。
しかも問い合わせは0570のナビダイアルしかなく、オペレーターがでるまでかなり待たされます。
やむなく、メールで質問しましたが、返答がないので数回打ってようやく連絡を頂きましたが、電話に出るのが少しでも遅れると、ナビダイヤルにして欲しいとの伝言。。
ネットで審査状況が確認出来るのですが、何故審査前なのかが全く不明。
ようやく担当とメールでのやりとりが出来て原因が判明。ここまで一ヶ月以上掛かっています。
これではキャッシュレス決済の申し込みに間に合いませんので、この系列の決済会社はあきらめて
AIRペイにしました。同等のサービスと迅速な対応で半月ほどで全て完了。
ただし、当方の地元でよく使われるWAON決済が出来ません。そのため冒頭の上から目線の大手ネット銀行の口座開設作業を続けながら、一旦地元銀行でこの系列のキャッシュレス決済システムも申し込みました。

それにしても、今回、顧客目線の大切さを痛感。
以前から、ナビダイヤルでしか顧客の問い合わせを受け付けない企業に対して顧客対応をどう考えているのかなと思っていましたが、ほぼ顧客対応度と相関関係がありそうですね。

および、地元銀行さんとのお付き合いも増えていますが、これも、メールでのやりとりは一切出来ず、全て電話か訪問でのやりとり。
今時にと思います。

後で行った言わないが技術者としては、仮説の検証はエビデンスが必要とたたき込まれているので、大変気持ちが悪いし非効率です。

メールやチャットやTV電話打ち合わせが何故採用されないのでしょうか。
建物全景です。
美容室外観小

















カットルームです。
IMG_4458




















個室感を演出。
IMG_4466



































シャンプールームは、最新型の全自動タイプを導入しました。
シャンプールーム画面小


















保育室です。
床は本物のカナダの木材を使用しています。
IMG_4470




















ウエイティングルームです。
開店が楽しみです。
IMG_4455





















いま、世界中で新型コロナウイルスで大変なことになっています。
私が役員を務めている企業でも、中国工場が操業出来ない時期が長引き、国内生産に切り替えて、今大忙しです。
今後、この事件が収束してから、中国生産拠点をどうするのかが、問われるでしょう。

のど元過ぎれば忘れ去る日本人気質ではありますが、SARSでも当時大変でした。
さすがに今回は、撤収企業が増加すると思われますし、対応をしない企業への市場評価が厳しくなるだろうとは容易に想像できます。

とはいえ、拠点移転はなかなかの大仕事ですし、中国からの撤収は結構厳しい現実があります。
チャイナリスクと言われた久しく、チャイナプラスワンが流行った時期がありましたが、それ以降進出した自動車会社も大きな痛手を負っています。

どうなっていくのでしょうか。
日本経済もこれから閉塞に向かうでしょうし。

企業経営の舵取りが難しくなるこれからの新年度でしょうね。

ではまた。
















娘の美容室勤務最終日でした

2020年1月19日は、娘の美容室勤務の最終日となりました。
最後に職場の先輩や同僚と写真を撮ってお別れでした。
20歳で美容学校を卒業と同時に就職。27歳の誕生日が20日ですので、6年間しっかりと働きました。それも、皆職場の諸先輩方のお陰様。 
社長様のお陰様であります。
何しろ、美容師のコンクールの全国大会がグアムであり、地方大会を勝ち進んでいよいよ全国大会へ出発するセントレアまで見送りに来ていただいて、ゲートに消えるまで見送っていただきました。
同行者に「あの人お母さん?」って聞かれたらしい(*^▽^*)

ご奉公も済ませていただいたと思うこの頃。家内が保育士に合格したのも潮時。
私の事業も順調で、銀行様からプロパー融資も頂き、これで娘のhope wishがようやくdoに成りました。
というより、元からdo。 美容師になりたいと娘から言われたのは小学4年生の時。

「お父さん。美容師って儲かるの?」・・・一体小学生が言う言葉か?と我が耳を疑ったしだい。
よくよく聞くと、将来の夢はある。好きなことはしたい。 それで暮らせるか?が知りたかったこと。

「やり方次第だよ」とちょっと難しいかなと社会の構造を説明しました。
お金の回り方。職業選択の方法。熱心に聞いていました。

「美容師になりたい」と、少し経って言いに来ました。「じゃあ。応援するよ。覚悟は良いかい」「厳しいよ」って脅かしましたが、当方も、覚悟を決めた次第。
イチローなど一流のプロは結構早くからプロ意識を持つみたいですから。

11-1 - 1 (15)
頑張ってほしいものです。
11-1 - 16


















外観はほぼ完成。
11-1 - 6









































カウンターも形になってきました。
POSシステムは、最近は素晴らしいです。 電話がかかってくると、登録されているリピーターなら瞬時に当該顧客のカルテが出てきます。
施術後の写真を撮ってファイリングも自在。

極力、省人化を進めています。
「お客様のカウンセリングに時間を取りたい」という娘のコンセプトがあります。
主体作業に時間を割く。 付帯作業は省人化、省力化を極力進めてムダを無くす。
動線も、しっかり吟味しました。

ここは私の本業ですから(*^▽^*)

ハザード対策も怠りなくです。

これは、娘の事業を応援すると決めたときから、中小企業診断士の勉強を行って、商業の経営を勉強してきました。
資格試験には、実務5社がありましたが、サービス業は、美容室、回転寿司の経営改善を取りました。
動線と役割分担がサービス業は、うまく行かないことが多いですね。
ムダの排除が必要です。七つのムダを取り入れると効果的です。

とにかく頑張ります。

ではまた。


美容室の建設も佳境に入ってきました

お久しぶりです。
美容室は、「赤毛のアンの家」をモチーフにすることに決定し、カナダの「赤毛のアンの家」の認定登録が可能な建設会社に設計建設をお願いしました。
経営計画を地元の信金さんに通しいただき、プロパー融資を頂きました。

弊社の税理士にお見せしたところ、白書並みの経営計画だとあきれられました。商売上どうしてもそうなってしまいます。

構想通り、家内が保育士ですので、専用保育ルーム、カット面5脚、最新鋭の全自動洗髪器(これが200万円もします)を装備。これは、セキデンでもお世話になっておりますリコーリースさんにお願いしました。

10月中旬には、家内とプリンスエドワード島に飛び、現地で活躍されている真紀子様にプライベートツアーを組んでいただき、3日間の弾丸ツアーを敢行。
真紀子様のコネクションで、シーズンオフの記念館を特別に開けていただいたり、日本の観光ツアーでは寄らない作者モンゴメリーの生家を訪問したり、お孫さんとツーショットさせていただいたり、大変興味深いツアーとなりました。

現地でしか調達できない調度品などを入手して、現地の風景や、記念品をたくさん持ち帰りました。
これらを参考に、美容室の細部を詰めて「赤毛のアンの家」にふさわしい店舗にしたいと思います。

店舗の建設となると色々と調整や契約が必要となります。
主なものとして
1.建設初期には保健所に図面を提出して、換気扇や照明など変更出来る間に確認を取る。
  正式な申請は、開業の2週間前までとなりますが、その段階で現地確認でNGは大変ですから。

2.ネット回線業者を決定します。 特に、「赤毛のアンの家」の家に無粋な電力線や信号線を直付け出来ません。 駐車場の途中で引き込みよう電柱を用意して、そこから地中埋設で店舗に引き込みます。そのため、仕様を予め決定することと、工事日の予約を早めに取ります。

3.セキュリティ対策は必要です。早い段階で、警備会社を決定し、上棟後現地確認を行い、ワイヤリングが室内を這うことの内容に埋設作業を依頼します。

4.上棟後直ちに、照明など動線を最小限にする為に、配置を現物で検討します。

5.POSとキャッシュレス決済は必須です。業者選定を行い、デモをお願いして、操作性を確認します。キャッシュレス決済は、美容室の場合、保健所の認可が下りないと契約できません。
  開業から逆算(バックワード方式と言います)で、保健所への開業申請を決定する事になります。
  従って、上記1項は絶対に落とせない案件となります。

6.スタッフの募集を本格的に開始。
 セキデンでお世話になっている「リクルートキャリア」に登録しておきます。ここは結構時間が掛かりますので、10月頃から申請しています。
及び、年末ぎりぎりで再度ハローワークに募集を掛けます。2020年1月からシステムが変更となります。
 登録(結構面倒です)をすればネットから求人申請が出来るようになります。 取りあえず、旧システムで再度条件を見直して登録しました。
ここまで主要な必須項目を挙げましたが、詳細となると結構膨大な作業です。

当方、診断士の資格試験中で、地元の美容室の診断に入った(当然これを見越してのチョイス)ので
何故、客足が延びないのか分析した経験を行かせます。
店舗内動線管理は、同じく、回転寿司で診断に入った経験が役に立ちました。

現職や前職で、経験した労務管理や監督署への提出書類。
および就業規則や手順書はこれは本業です。

なんとか、当社の役員(主に家内と息子ですが)を使って、分担して行っていますが、美容師が独立開業となると結構大変だろうなと想像します。

地元の商工会議所が定期的に「創業支援」セミナーや「創業塾」を開催しますので、これにも参加していましたが、とてもとても、これだけでは全く知識不足だと分かりました。

こういうワンストップの美容室創業コンサルが必要なのでしょうね。
当社がうまく立ち上がって計画通りに利益を上げることが出来たら、お困りの美容師を応援しようかと思っておりますが、まずは自分の事業に全力です。
HP用11



















最後に、カナダでの旅行のピックアップです。ビデオもたくさん撮ってきました。
詳細は店舗に映像で流したり、写真を掲載します。

では。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ご連絡先
prolinks-ks@keieigiken.com
プロフィール

prorimks

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ